うつ病にはたくさんの種類があるので覚えておこう

うつ病の基本 種類や症状を要チェック

いくつかのタイプ

女医

うつ病にはいくつかの種類があるので覚えておくと早期発見に役立ちます。心よりも先に身体に症状がでるタイプのものや、季節によって発症するタイプのものなど様々です。最近では研究が進み、色々な種類が発見されているので今までは発見が難しかったうつ病でも早期発見が可能になってきているのです。そして、別の病気と勘違いしやすいのが仮面うつ病でしょう。名前だけ聞くと、うつに似た別の病気と勘違いしてしまう方も多いと思います。ですが、実際に仮面をかぶっているのはうつの方で、心の症状よりも先に身体の症状が現れるため、うつとは気付きにくいタイプです。仮面うつで身体に現れる症状はとても多く、別の病気と勘違いしてしまうでしょう。一般的に身体に症状が現れた際は、その症状に合わせた医療機関を受診するからです。ですが、表面的な症状を治療するのは不可能に近いでしょう。病気は原因を解決しなければ、症状は改善しないからです。その為、症状に合わせていくつかの病院を受診し、解決しなかったために心療内科へたどり着く方が多いと言われています。身体の症状が一向に解決しないと、ストレスが溜まり、症状はより悪化していくでしょう。その為、うつだと分かった頃には、病状がかなり悪化していることも少なくないのです。身体に現れる症状としては、胸の圧迫感、手足の痺れ、胃の不調、動悸、めまい、肩こり、頭痛、口腔内の渇きや違和感などが挙げられます。コレ以外の症状が出る場合もあり、原因不明で解決策が無い場合は心療内科を受診すると解決することがあります。また、病気の発覚が遅れる種類が微笑みうつ病です。このタイプは、軽度のうつと言われています。表情が曇っている時や、落ち込んでいる時に周りの人間が心配して声をかけてきても、笑顔で自分は大丈夫だと言う態度を見せるのです。心配してくれた周りの方は、笑顔を見て安心します。それ以上、突っ込んでくることも少ないので病気の発見が遅れてしまうのです。このタイプの患者は、人と接している時は明るく振る舞うことができます。職場や学校、家族と一緒にいる時は笑顔を絶やさず、明るく振る舞うでしょう。ですが、一度1人になると途端に表情が暗くなり、落ち込んでしまいます。悲観的な考え方をするようになるのです。人と接している時と、一人でいる時の温度差が激しい為心に掛かる負担はとても大きいものになるでしょう。心が疲れ切ってしまうので、ストレスを溜め込んでしまうのです。微笑みうつ病は軽度のタイプに分類されてはいますが、それでも油断は禁物と言えます。重度のうつに比べると、まだまだ気力や体力があるからです。希死念慮が現れた時は、すぐに行動に移すときがあります。何の前触れもなく急に自殺を決行するのです。そして、どちらの種類も病気の自覚が無いのが厄介な所でしょう。2週間以上、イライラや不安感などが継続している場合は無理せず心療内科や精神科を受診するのが適切です。

医療機関の違い

カウンセリング

うつ病は種類によって、受診する医療機関が変わってきます。身体に異常がある場合は心療内科、心に異常がある場合は精神科を利用するのが適切です。精神科と心療内科の違いを紹介します。

もっと読む

基礎知識

頭を抱える男性

うつ病はいくつかの種類がありますが、病気についての基礎的な知識があればどのような種類であってもすぐに気付くことができます。病気についての基礎的な知識を深めておきましょう。

もっと読む

時間が必要

女の人

うつ病は種類に関わらず、治療するのに時間がかかることで有名です。その為、治療を行うのであれば、根気強く行う必要があります。治療の流れについてしっかりと学習しておくと良いでしょう。

もっと読む

リンク

  • うつアカデミー

    うつ病の種類の判断は素人目では難しいので、早めに心療内科や精神科に行くことを心がけるといいでしょう。
  • うつ病サプリ

    うつ病の種類を調べておきたいと思っている人はいませんか?それならここに記載されている情報を参考にしてみるといいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加