うつ病にはたくさんの種類があるので覚えておこう

レディー

時間が必要

女の人

うつ病の治療については、病気の種類によって変わることはないでしょう。基本的にどのような種類であってもカウンセリングと薬物、休養を取りながら治療していきます。うつ病の種類や状態によっても変わってくることがあるかもしれませんが、一般的に治療には長い時間を要します。その為、はじめから治療の流れが分かっていることが大切になるのです。病気の治療は多くの方が焦ってしまいます。焦っていても治ることはないので、医師の指導の下ゆっくりと治していきましょう。うつ病の治療に必要な知識がいくつかあります。まずは上記でも説明したように、どの種類であっても時間が掛かることです。そして、症状は直線的には回復していきません。徐々に回復していきますので、一気に回復するようなことはないのです。根気強く治療していく必要があります。また、再発しやすい病気なので、再発の予防に力を入れる必要があるでしょう。それらを踏まえてしっかりと病気の治療をしていくことが大切です。治療の最初の段階が急性期で、約一ヶ月から三ヶ月程の期間続きます。この時期はたっぷりと休養を取り、抗うつ剤や睡眠導入剤などの薬物を利用しながら治療を開始するのです。薬物の量は患者の様子を観察しながら量を調整していきます。抗うつ剤の特徴として、副作用の方が先に出る場合が多いです。効果が現れるのに一週間から二週間程必要で、先に副作用が出るのに効果が感じられないと薬物治療を勝手に止めてしまう患者も沢山います。症状が軽くなり始めるのは一ヶ月から三ヶ月程後になるので、焦らずに治療と続けましょう。抗うつ剤の効果で不安感や苛々、憂鬱感などが薄れてきます。日常生活への興味も戻ってくることで身体を動かしたり、家事や外出も少しずつできるようになるのです。次の段階が回復期ですが、症状が悪くなったり良くなったりを繰り返す期間です。三歩歩いて二歩下がるといった具合で症状を徐々に安定させていきます。症状が回復すると、治ったと勘違いして抗うつ剤の使用を勝手に止めてしまう方が多い期間です。抗うつ剤を勝手に止めてしまうと、さらに状況が悪化し症状は安定しません。症状が安定するまでは薬物治療を続けます。また、徐々に回復してくることで体力や気力が戻ってくるでしょう。身体を動かせるようになることで、行動力も出てきます。この期間最も注意しておきたいことが希死念慮です。簡単に説明すると、死にたくなってしまうことを言います。行動力を伴ってくる分、希死念慮が現れた時は実行に移す可能性が高まるのです。その為、患者の行動には細心の注意が必要になってきます。家族や友人なども協力して患者の様子を見守りましょう。最後は再発予防期ですが、どの種類のうつ病でも再発率はとても高いと言えます。その為、しっかりと予防しておかなければまた病気になってしまうのです。通常は一年から二年は薬物治療を続けます。薬物治療を終了するかどうかは医師が決めるので、医師の言うことを守りながら再発予防に励みましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加